地理情報システム
 GISとも呼ばれ、カーナビげーションに最も特徴が表されています。地図と 情報システム(IT)の組み合わせで可能となる便利なものを目指しています。 駅前の地図案内板にスイッチと表示ランプで目的地の位置がわかる様にした ものが、原点でしょうか。コンピュータ上に地図を表示させることと、場所や 区域に関連した資料を関連させ整理します。
デジタルマッピング
 紙の地図をスキャナでコピーし画面に表示したものはラスタ地図と言います。 CADを用いて地図を表現したものがデジタルマップです。どちらも同じように コンピュター画面上に表示され印刷もできますが、デジタルマップは縮尺を変 えたり領域でで区分したり、鳥瞰図的に変換しようとした場合に威力を発揮し ます。道路・河川・建物をすべて始点-終点の座標値の数値で画きます。 地図の縮尺は紙の上での話で、実体を数値化すると縮尺は自由自在なので 解像度(有効桁数)が重要になります。
地図統計
 地域別の人口密度別色分け、商店の分布、災害予測、など紙の地図では多くの 労力を必要として困難だったことも、情報処理技術によって可能となってきました。
ESRI Arcmap